内祝いに喜ばれるお菓子とお渡しの際のマナーガイド

どんなお菓子があるのか調べよう

情報収集を忘れないこと

お祝いの気持ちを込めるため、有名なお菓子を渡す人が見られます。
遠くにお店があった場合でも、通販なら気軽に購入できるので便利です。
メディアなどで、今はどのようなお菓子が人気なのか調べてください。
話題のお菓子を受け取ると、相手も喜ぶと思います。
世界に一つだけのお菓子を渡せるように、メッセージや名前入りにする人もいます。
サービスを行っている業者に頼めば相手の名前や、簡単なメッセージを入れられるので内祝いの時に活用しましょう。

相手の家に持って行く場合は、事前にこれから向かうと伝えてください。
いきなり訪れても相手が準備できていないので、迷惑になってしまいます。
相手が出かけていて、内祝いを渡せないかもしれません。
サプライズにする必要はないので、しっかり伝えましょう。
相手が離れている地域に暮らす人なら、郵送することもあります。
それは構いませんが、手紙できちんとこちらの気持ちを伝えてください。
内祝いのお菓子だけ渡すのはマナー違反です。

お菓子を渡す際は、賞味期限が長いものを渡しましょう。
ケーキなどの生菓子は賞味期限が短いので、内祝いにふさわしくありません。
焼き菓子のセットなら賞味期限が長いですし、様々な種類を味わえるので好まれます。
見た目がいびつであることが原因で、値下げされている商品を内祝いように購入するのは避けてください。
安くなっていることに相手が気づくと、こちらの印象が悪くなる可能性があります。

渡す際のマナーが決まっている

その辺で購入できるお菓子は、内祝いにふさわしくありません。 相手に喜んで貰えることを念頭に置いて、お菓子を探してください。 雑誌などを見て、人気のお菓子を探しても良いですね。 通販を使えば、遠い地域にお店があっても問題ありません。 オリジナリティ溢れるお菓子でも良いと思います。

いきなり訪れてはいけない

相手も部屋を片付けたり掃除したりする、準備が必要です。 突然家に押し掛けると迷惑だと思われるので、事前に都合の良い日を聞いてください。 すると、すれ違いになることも回避できます。 遠くに住む知り合いに内祝いを渡す際は、郵送でも構いません。 手紙も添えて送りましょう。

購入する際に確認すること

良さそうなお菓子をお店で見つけても、すぐに購入しないでください。 賞味期限がいつなのか、必ず確認しましょう。 生菓子は賞味期限が短いものが多いので、知り合いに渡しても急いで消費しなければいけません。 相手に負担を与えるので、賞味期限が長いものが良いでしょう。